<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 11月のイベント報告(Takechi) | main | 元日の宮島 >>

キャンドルナイト松山★2006.Dec.

candle night 2006.Dec.

2006年冬至の日、12月22日。
100万人のキャンドルナイトに連携して、2006年冬至の日、松山市ロープウェイ街蒲団屋にて、キャンドルナイトイベントを行います。

◆2005夏至版 ◆2005冬至版 ◆2006年夏至版

●キャンドルナイト松山★2006.Dec.
場所:松山市ロープウェイ街蒲団屋(東雲高校入口2つとなり)
日時:12/22(金)20:00-22:00
会費:¥2,000 (定員20名)
※材料やフードの関係で、要予約です。
 定員を設けておりますので、早めにお申し込みください。

申し込み
TEL:089-931-2355(蒲団屋)
E-mail:candle@floop.info

■SunnySundayキャンドルづくりワークショップ
キャンドル作家坂上さん(SunnySunday)を講師に迎え、用意していただいた材料に加え、家の押入れに眠っている使い古しキャンドルをよみがえらせます。サスティナブル(持続可能)なメッセージを持つキャンドルナイトですから、使いかけのものの再利用で、どんなおもしろいものができるか挑戦してみます。
※使いかけキャンドルなど、是非お持ちください。

また、昨年も行なったサラダ油やリキュールを使ったオイルキャンドルも予定しています。リキュールは、ブエナビスタさんに協力いただく予定です。

 ・モザイクキャンドル
 ・オイルキャンドル
  他

SunnySundayさんは、こんなワークショップをやっています。

■ナテュレ-オーガニックフード(軽食)
 キャンドルナイト松山の恒例、ナテュレさんにオーガニックフードを用意していただきます。

■Pianoライブ
 つくったキャンドルに火を灯しながら、即興のPianoライブを楽しんでいただけます。


大街道ナテュレさんとこの日キャンドルナイトを連携します。


■呼びかけ文
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2006年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
* Takechi Yoshinori-2006 * 18:58 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ