<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大分〜福岡〜熊本の旅 | main | エジプト報告<砂漠キャンプ編> >>

エジプト報告<ピラミッド編>

帰国から10日、ようやく報告です。
何からどう書けば・・・って感じなんですが
今回、ちょっと変わった旅でした。
友達の知り合いの日本人のご主人&エジプト人の奥さんのお宅に居候、
途中でちょっと旅するような。
見ず知らずの私を泊めていただいたSさんご夫妻には
感謝の気持ちでいっぱいです。
おかげで危険な目に遭うこともなく、お腹を壊すこともなく
結果的によかったみたいです。

エジプトといえばやっぱりピラミッド。
居候させてもらっていた先のご主人が本当にいい方で
私のためだけに一日ピラミッドツアーを組んで
車でいろんなピラミッドを案内してくれました。

ピラミッドってなんにもない砂漠のど真ん中にあると思ってたら意外や意外!
一般的に有名なギザのピラミッドは街中にあってビックリ。
そしてスフィンクスの視線の先にはケンタッキー&ピザハット。
思った以上に観光地化されてました。

でも郊外のピラミッドは本当に砂漠の真ん中に。
一人じゃとても行けないような場所ばかり。
サッカーラの階段のようになった「階段ピラミッド」
ダフシュールの「屈折ピラミッド」「赤のピラミッド」
ギザのピラミッドよりもずっとずっと味のあるピラミッドでした。
ピラミッドってどこから見てもどれも同じ三角だと思ってたのに
見る角度で全然違う形に見えたりもしてう〜ん、不思議。
中には崩れかかってるのもあったりして。
どうやら自然環境の変化でこれまで何千年も降らなかった雨が
異常気象でたまに降ったりするそうで
それがピラミッドにも影響を与えているようです。
でもピラミッドと青い空のコントラストはきれいでした。
それから郊外のピラミッド周辺にはまだたくさんの遺跡が埋まってるみたいです。
お金がなくて発掘できないそうですが
見た感じでも砂から遺跡っぽいものが頭を出してました。
遺跡がゴロゴロ残ってるってやっぱりすごい!!

あと気になったのはエジプトは警察官多すぎっ。
治安があまりよくないこともあるみたいだけど
どうも失業対策もあるらしい。
観光地には必ずたくさんの警察官がいて
安全を約束するからと言ってついてきます。
そしてついてきてもらったらバクシーシ(チップ)が必要。
ギザ以外のピラミッドはかなり郊外にあって観光客もまばら。
ダフシュールの「屈折ピラミッド」に行った時は私たちだけ。
入口とピラミッドの場所が離れてたんですが
入口で入場料を払うときに車に警察官が乗り込んできて一緒に移動。
ピラミッドに到着したらまた別の警官がバクシーシ目当てで勝手についてきます。
私たち以外お客さんが誰もいないピラミッドで
何人もの警官に守られながら見学することに。
銃を持ってるし、逆にこわいくらいだー。
しかも空き缶カメラは爆弾か何かと怪しまれそうなので
ピンホール写真は撮れないし。
いい迷惑な警察官たちでした。

* Sugahara Chiho * 01:55 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ