<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ピンホールカメラで写そう

ラフォーレ










今度の日曜日(26日)に愛媛県美術館で
「ピンホールカメラで写そう」というイベントが行なわれます。
ピンホールカメラに挑戦してみたいけど撮り方が分からないという方・・・
ぜひこの機会にやってみましょう!
私のカメラも貸し出しカメラとして出動します♪
当日は私もお手伝いで参加する予定です。

美術館開館記念イベントの一環なんですけど
当日は美術館の入館料が無料などスペシャルデーみたいですよ。
心配なのはお天気ですよね。
結構、雨女なんですが、晴れることを願って☆

時間は10時〜12時、1時〜3時までです。
ぜひお越しくださ〜い。
* Sugahara Chiho * 02:04 * comments(5) * trackbacks(0)

はりあなへんろ道写真展 in FM愛媛

FMはりあな写真
今年の夏に三津の古民家「木村家」で行った
写真展の一部を今、FM愛媛のオープンスタジオで展示しています!
愛媛の札所のはりあな写真を
五十崎の和紙に写しだしています。

古民家での写真展とは雰囲気が違うんですけど
番組見学がてら気軽に
FM愛媛にお越しくださいね。


それから11月3日に松山の街中で行われる
「ドリームコラボレーションまちづくりライブ」。
このイベントのひとつ、銀天街での
「まちの輝きフォトコンテスト」にも出展しています。
松山の街の写真を空き缶カメラで撮影しました。
3点出したので展示してもらえるはずです、たぶん・・・

イベント当日は愛媛出身の若手作家さんの作品展示販売や
アーティストのライブ、パフォーマンスもありますよ☆
特別番組(1時〜3時)もあるのでぜひお越しください!


* Sugahara Chiho * 23:20 * comments(3) * trackbacks(0)

秋祭り

akimaturi実家の秋祭りに帰ってました。
小さな小さな田舎の秋祭りですが
神社の娘の私にとってはホッとするお祭りです!

太鼓の音や、幟が風にはためく音。
お祭りの懐かしさって音で感じているのかもしれないなぁ。

* Sugahara Chiho * 22:34 * comments(4) * trackbacks(0)

和紙いろいろ・・・

wasi1今日はとってもいいお天気。
ドライブがてら五十崎で行われてる
和紙創作展に行ってきました♪

実はこの前のはりあなへんろ道写真展では
五十崎の天神産紙の和紙で印刷したんです。
そんなこんなで興味があったので行ってみました。

小さな展覧会だったんですけど
おもしろいものありました!

「和紙ピアス」



金具やビーズと和紙が組み合わさってなんか不思議にかわいい☆
あと、麻と和紙の原料で作ったタペストリーも買っちゃいました。

結構、いろんなもの作れるみたいでいい発見でした。
あと、紙漉きもしてきました。
凸凹になったけど意外とランプシェードとしては味があるんですよ〜。

和紙創作展は明日(10時〜3時)まで、五十崎の天神産紙工場で行われてます。

* Sugahara Chiho * 23:06 * comments(2) * trackbacks(0)

朝顔プロジェクト

朝顔プロジェクト土曜日に行われた
朝顔プロジェクト
「朝食メニュー料理教室」に
参加してくださったみなさん、
どうもありがとうございました。
とっても楽しい時間でした♪

来られなかった方のために
作ったメニューは

◇オープンサンド

◇カッテージチーズと
 エビのセサミサラダ

◇ブルーベリーヨーグルト

特にビックリしたのがカッテージチーズ!!
牛乳と酢で家庭でも作れるんですね〜。
これはぜひ挑戦したいっ。
カッテージチーズって買うとちょっと高い・・・ので
ぜひ手作りでやってみましょう。
トマトベースのパスタに混ぜても結構おいしいんです。

でもやっぱり手料理って大事ですね。
市販のものやレトルトを買えば、時間も短縮できて
まぁまぁ美味しいものも食べられるけど
それ以上でもそれ以下でもなくて手作りの味に勝るものはないんですよね。
もうちょっと真面目に料理をしようと思った一日でした。



* Sugahara Chiho * 00:11 * comments(0) * trackbacks(0)

エジプト報告<砂漠キャンプ編>

今回、ピラミッドと同じくらい楽しみにしていたのが砂漠キャンプ♪
これは予想以上に素晴らしかった!!

カイロから冷房なしのバスで走ること5時間。
砂漠の中にある小さな村バフレイヤ・オアシスに向かい、
そこからジープに乗って砂漠の1本道を3時間走って
砂漠のど真ん中でキャンプをするというダイナミックさ。
こんな体験初めてでした〜。

ジープの運転手さんはアブドゥールさん。
すっごくやさしい、親切な方でした。
遊牧民で高校の校長先生、大学では地質学を学んでいたということで
このあたりの地質のこともいろいろ話してもらいました。

キャンプ目的地は白砂漠。
なんと出発した時(午後3時)の気温は43度!!
普段の松山よりも10度近く高い。
水分補給しながらの命がけ(?)キャンプです。
念のため2リットルのペットボトル1人4本持って行くことに。
キャンプする砂漠の近くには何にもないので水は絶対必需品。

その途中、いくつかスポットにも立ち寄りました。
感動したのは砂漠の中の冷泉、硫黄のにおいが!
暑かったし、お風呂に入れないので
Tシャツのまま入って泳ぐことに。
めっちゃくちゃ気持ちいい〜砂漠のオアシスを実感しました。
そのあとは休憩室でシャーイ(紅茶)を飲んでのんびり。
ちなみにたっぷり砂糖とミントが入ったエジプト紅茶でした。

目的地の白砂漠に着いたのは夕日が沈む直前。
白砂漠は名前通り、きれいな白っぽい砂漠なんですが
それ以上にすごかったのは石灰岩でできた
いくつもの不思議な形の白い岩。
アブドゥールさんの話によると何十億年も前、
このあたりは海だったそうです。
海の水がなくなってこの石灰岩がまだやわらかかった時代に
風によって削られて不思議な彫刻が残ったのだとか。
石灰岩をよーく見てみると貝殻の化石っぽいのも残っていて
本当に海だったんだ〜って実感。

そんな自然の彫刻に囲まれた砂漠の中で
地平線に沈む夕日を眺めました。
ゆっくりゆっくり沈んでいく夕日。
そういえば地平線に沈む夕日を見るのは昔からの夢だったな。
風の音だけが耳の中に入ってくるという不思議な感覚。
夕日が沈んで辺りが暗くなるまでの空の変化もきれいでした。
オレンジというよりピンクや薄い赤紫に近い色。
少しずつ暗くなって、三日月が目立ち始めて、
いつの間にか満天の星空に。

そうこう過ごしているうちに
アブドゥールさん手作りの夕ごはんが完成。
チキンを焼いたものと野菜が入ったトマトベースのスープのようなものを
ごはんにかけたもの、エジプトビールと一緒にいただきました。

砂漠の中は酔いがまわりやすのかちょっと飲んだだけで満腹。
眠くなったのでゴロゴロ。
砂の上にマットレスを敷いて星空を見ながら横になってたら
本当に寝てしまいました。
でも星空は本当にきれいでした☆
度が合っていない私のメガネでも天の川、流れ星がくっきり、はっきり。
コンタクトレンズだったらもっときれいに違いないけど
砂漠でハードコンタクトをする勇気はちょっと・・・。
で、そのままマットレスの上で朝を迎えると
口の中がカラカラになるということなので
途中からテントに入って寝ました。

朝は空が明るくなって起床。
地平線から昇る朝日を見るためにテントを出て辺りをウロウロ。
出てきそうでなかなか出てこない朝日。
まだかまだかと待っていたら地平線からオレンジ色の光が見え始めて
ちょっとずつそのオレンジ色が大きくなって
まんまるの太陽が顔を出してきました。
まさに太陽を拝みたくなる気持ち。
太陽神の存在も分かるような気がしました。
朝、少し下がっていた気温も太陽が昇るにつれて徐々に上昇。
こうやって砂漠の一日は始まるんですね。
そのあと朝ごはん食べて、バフレイヤ・オアシスに戻って
砂漠キャンプ終了。

それにしても広い広い何にもない砂漠の上で寝転がってると
「世界の中心ってどこ?」ってふと考えてしまったり
小さいことが「まぁいいかっ」てどうでもよくなるような気分でした。
* Sugahara Chiho * 01:57 * comments(6) * trackbacks(0)

エジプト報告<ピラミッド編>

帰国から10日、ようやく報告です。
何からどう書けば・・・って感じなんですが
今回、ちょっと変わった旅でした。
友達の知り合いの日本人のご主人&エジプト人の奥さんのお宅に居候、
途中でちょっと旅するような。
見ず知らずの私を泊めていただいたSさんご夫妻には
感謝の気持ちでいっぱいです。
おかげで危険な目に遭うこともなく、お腹を壊すこともなく
結果的によかったみたいです。

エジプトといえばやっぱりピラミッド。
居候させてもらっていた先のご主人が本当にいい方で
私のためだけに一日ピラミッドツアーを組んで
車でいろんなピラミッドを案内してくれました。

ピラミッドってなんにもない砂漠のど真ん中にあると思ってたら意外や意外!
一般的に有名なギザのピラミッドは街中にあってビックリ。
そしてスフィンクスの視線の先にはケンタッキー&ピザハット。
思った以上に観光地化されてました。

でも郊外のピラミッドは本当に砂漠の真ん中に。
一人じゃとても行けないような場所ばかり。
サッカーラの階段のようになった「階段ピラミッド」
ダフシュールの「屈折ピラミッド」「赤のピラミッド」
ギザのピラミッドよりもずっとずっと味のあるピラミッドでした。
ピラミッドってどこから見てもどれも同じ三角だと思ってたのに
見る角度で全然違う形に見えたりもしてう〜ん、不思議。
中には崩れかかってるのもあったりして。
どうやら自然環境の変化でこれまで何千年も降らなかった雨が
異常気象でたまに降ったりするそうで
それがピラミッドにも影響を与えているようです。
でもピラミッドと青い空のコントラストはきれいでした。
それから郊外のピラミッド周辺にはまだたくさんの遺跡が埋まってるみたいです。
お金がなくて発掘できないそうですが
見た感じでも砂から遺跡っぽいものが頭を出してました。
遺跡がゴロゴロ残ってるってやっぱりすごい!!

あと気になったのはエジプトは警察官多すぎっ。
治安があまりよくないこともあるみたいだけど
どうも失業対策もあるらしい。
観光地には必ずたくさんの警察官がいて
安全を約束するからと言ってついてきます。
そしてついてきてもらったらバクシーシ(チップ)が必要。
ギザ以外のピラミッドはかなり郊外にあって観光客もまばら。
ダフシュールの「屈折ピラミッド」に行った時は私たちだけ。
入口とピラミッドの場所が離れてたんですが
入口で入場料を払うときに車に警察官が乗り込んできて一緒に移動。
ピラミッドに到着したらまた別の警官がバクシーシ目当てで勝手についてきます。
私たち以外お客さんが誰もいないピラミッドで
何人もの警官に守られながら見学することに。
銃を持ってるし、逆にこわいくらいだー。
しかも空き缶カメラは爆弾か何かと怪しまれそうなので
ピンホール写真は撮れないし。
いい迷惑な警察官たちでした。

* Sugahara Chiho * 01:55 * comments(0) * trackbacks(0)

大分〜福岡〜熊本の旅

エジプト旅日記を書く間もなく
この週末は九州へ行ってきました!
我ながらちょっと動きすぎの毎日です。

土曜日朝5時起き。
今週は1週間朝の番組だったこともあってフラフラしながら
松山観光港7時のフェリーで別府へ。
別府から車を走らせて山の中の温泉地へ。
ほとんど大分よりですが福岡県の杷木(はき)原鶴温泉の
「花農家」という温泉と食事ができるお店でランチ&温泉。
茅葺き屋根の建物で地鶏と六兵衛というさつまいもでつくった麺を食べる。
さつまいもでつくった麺、
うどんより柔らかいけどなんかとってもヘルシーな味でいい感じ。
そのまま温泉へ。
貸切状態でしかも泉質もよくて大満足。

そのあと福岡へ。
途中、バケツをひっくり返したかのような大雨に見舞われながらも無事到着。
キャナルシティでちょっと買い物をしてホテルチェックイン。
すぐにヤフードームへ。
ソフトバンクとロッテの野球観戦。
初めてのヤフードーム、めっちゃくちゃきれい!
グリーンがまぶしいくらいだし
当たり前かもしれないけど温度も快適。
ビールを飲みながらメガホンたたきながらソフトバンクを応援。
結果は4−0、ソフトバンク勝利!!
ものすごくファンという訳ではないけどやっぱりうれしい〜。
試合終了後に花火も上がって大盛り上がりでした☆
そしてそのまま友達夫婦と待ち合わせして食事に。
1時頃就寝。。。

日曜日は8時半ごろ起床。
午前中、明太子とかを買いに街中をぶらぶら。

11時過ぎ福岡を出て今度は黒川温泉へ。
念願の黒川温泉、時間がなかったので1ヶ所だけ入ることに。
ガイドブックに出ていた洞窟風呂のある新明館の温泉へ。
混浴・女性と両方の表記だったので
バスタオルでもまいて入れるのかと思ってたけど
結局、混浴は男性しか入らないらしい。
混浴の方がいいお風呂っぽかっただけにちょっと残念。
でも女性の方も入口が二つある
おもしろい形の洞窟になってたのでまぁいいか。
気持ちよかったです。

そして2時すぎに黒川温泉出発。
湯布院のあたりを通って大分港へ。
霧で真っ白、天気がよかったら緑の世界が広がってたんでしょうが。
ぎりぎり4時すぎ発のフェリーに間に合って松山へ。
8時すぎ着。

1泊2日の旅とは思えないほど充実の旅でした。
気分は2泊3日の旅♪


* Sugahara Chiho * 23:37 * comments(0) * trackbacks(0)

エジプトへ

bag明日から夏休み☆ エジプトに行ってきま〜す!
さっきようやく準備完了。
あとは忘れ物しないで出発するだけ。

あぁ〜どんな旅になるんだろ。
わくわくとちょっとコワイ気持ちが入り混じってますが
きっと大丈夫よね。

一週間後の土曜日には帰ってくる予定。
帰国の翌日はお仕事。
無事、飛行機が飛んでくれますように・・・
無事、楽しい旅ができますように・・・

では、いってきます!!
* Sugahara Chiho * 02:16 * comments(3) * trackbacks(0)

帰省

明浜
今日は半年ぶりに実家へ。
実家といっても母の実家の用事があって
明浜がメインで三瓶の本当の実家では
滞在時間たったの1時間でした。
今度またゆっくり帰るとして・・・

それにしてもやっぱり三瓶とか明浜の海の景色はいい!!
地元なのに思わず写真を撮ってしまいました。

海と空の青さとセミの鳴き声、
道端で時折見かけるヒマワリ。
懐かしい景色で
ちょっと泣きそうになりました。





結構、旅に出たり取材に行ったり外に出たがるタイプだけど
身近なところにもきれいな風景がいっぱいあってちょっと感動。

やっぱりたまに帰るくらいが新鮮に見えるのかも(笑)

* Sugahara Chiho * 23:17 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ